チラシの裏話
チラシについて
チラシとは
チラシの種類
横断幕作り
チラシを配るまで
チラシ製作
レイアウト
配布する前に
チラシの配布
そのチラシは?
チラシの力
チラシチェック
折込チラシ制限
新聞折込取扱基準
地図
サイトマップ

チラシ

新聞に挟まっていたり、またはアルバイトのお兄さん達が配っていたり、1件1件ポストに入れる人も多いです。チラシはそのようにしていろんな人に配られます。しかし、そもそもこのチラシは何のためにあるのでしょうか。

チラシは散らしとも書き、散らすという言葉からできています。チラシの目的は宣伝や広告を目的とした印刷物なのです。いろんなお店、企業などがチラシという方法で宣伝や広告をおこなっています。なぜでしょうか。そもそもお店や企業の目的は利益を上げることです。そのためにはお客さんである消費者にお店に来て買ってもらわなければなりません。しかし、どこに店があるのか分からなければそこに行けませんし、どんなに安くしても、お客が来なければ意味がありません。

そこで、チラシを使うのです。ここにこういう店があります。今ならこれがお買い得です。という宣伝で消費者を呼び込んで、自分のお店に来てもらい、そこで買い物していってもらう。それがチラシの目的です。つまり、チラシは消費者に対するお店側からのPRということです。これはチラシに限ったことではなく、名刺にもいえます。名刺はその人や会社をPRするもの。

チラシの特徴

では、そのチラシですが、新聞広告やTVCM、カタログの効果を比較すると、次のような特徴が浮かび上がります。

まず第一に、地域限定で対象者を絞った広告が打てます。配布する地域を限定して、欲しいと思っている消費者のみに届けることができるため、無駄な費用がかからない。新規開店や告知セールのときにも本来着て欲しいと思う消費者に直接請求ができる。

第二に、消費者にじっくりと検討してもらえる。15秒、長くても30秒しかないTVCMではキャッチコピーだけしか伝えられません。最近では、「○○が○○円」というのもありますが、聞き逃したり、忘れればもう意味がありません。その点、チラシはそれがあれば、何度でも見ることができますし、商品等の詳細情報を提供できるため、より多くの消費者の購買・来店意欲をかきたてることもできます。また「来てほしい日時」も案内できます。

第三に、一人に渡せば、または一つの家庭に一枚渡せば手元に残るため、同居している家族、または家に来ている友人や知人にも知らせることができます。もし、受け取った本人が興味なくても、家族やほかの誰かが興味を持ってくれるかもしれません。

最後に、緊急告知したいときに、TVCMや新聞などではその宣伝が出るまでに時間が掛かります。その点、チラシであれば、手書き、または自作であれば、価格戦略告知などをどんなメディアよりも手早く対抗手段がとれる。

このような特徴があります。特に近年、PCは各企業や店舗でも当たり前のように設置されているため、手作りチラシはもとより、本部制作のチラシを店舗で瞬時に印刷することもでき、ますますチラシの利用価値は大きくなっているといえるでしょう。

recommend

レッドウイングなど正規通販店|クリックマーケット

渋谷で縮毛矯正するならJR渋谷駅東口から徒歩3分内のココしかない!

渋谷 縮毛矯正

分電盤を激安価格で販売提供いたします!

分電盤

当クリニックでは貴女に合った理想のバストになるようカウンセリングを通して最適な豊胸手術をご提案いたします。

豊胸手術が出来る病院